close >>

静岡市駿河区丸子の「丁子屋」さんで名物「とろろ汁」をいただきました!

2020年08月24日

以前から行きたいと思っていた、慶長元年創業の静岡市丸子にある「丁子屋」さんで名物「とろろ汁」をいただいてきました。

東海道丸子宿の歴史とともに、400年受け継がれた「とろろ汁」です。「歌川広重」や「松尾芭蕉」「拾返舎一九」といった江戸の文化人に愛され、俳句や絵画に残されています。

私たちは2時半ごろにお店に入ったのですが、若い方がたくさん来ていました。守り続ける味と伝統は若い方にも好まれているようです。

人気がある理由を考えましたが、①とろろ汁は精が付き健康に良い。②手作り味噌を使い美味しい

③生態系農法という地元の農家と協力して、安心安全な食材を使っている。

それにしても400年続けているというのは、素晴らしいです。自家製みそは販売もされていました。焼津産の鰹節をたくさん使い、素朴ながら味わい深く、江戸時代から変わらない伝統だそうです。

お土産の「むかご餡のどらやき」「とろろ芋ようかん」も歌川広重のパッケージや松尾芭蕉の俳句が書いてあり、感心しながらいただきました(^-^♪ 歴史や伝統を売りにすることを学びました。

tyouziya

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2020 healthy cooking All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE