close >>

市原産の栗で「栗の渋皮煮」を作ってみました!!

2018年10月09日

金曜コースに参加されている、市原市荻作の近藤さんから栗をたくさんいただきました。近藤さんのお宅の山には、栗の木が多く今年も豊作だそうです。

私も子どもの頃、市原市役所手前の加茂の辺りの友人の家へ栗拾いに行きました。今はその辺は住宅やお店が並んでいて、全くその面影はありません。

教室の皆さんと頂いて、大きなものは渋皮煮にしてみました。

材料

栗 500ℊ、 氷 1㎏

水 4カップ、重曹大さじ1、

砂糖 150ℊ、みりん大さじ3、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1

作り方

①栗は沸騰した湯に入れ、3分位ゆでてから氷水に入れ冷まします。完全に冷えたら,鬼皮をむきます。

②水4カップに重曹を入れて、栗をを2分くらいゆで、水にとります。溝の中の渋皮もきれいに取り、水を変えながら2~3回すすぎます。

③新しいたっぷりの水からゆでるのを2~3回繰り返します。栗はやっと串が通るくらいの固さにゆでます。

④鍋に、みりん、砂糖、酒と栗を入れ、水をひたひたに入れて、弱火で煮汁が、半分くらいになるまで煮ます。そのまま煮汁に漬けて冷まします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 healthy cooking All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE