close >>

No Widget

ウィジットは設定されていません。

海苔の産地だった千葉県内房の市原、袖ケ浦、木更津、君津、富津の郷土料理「てっぽ巻き」

2021年05月03日

千葉県の海苔の産地だった内房の市原、袖ケ浦、木更津、君津、富津では郷土料理の「てっぽ巻き」がよく作られていました。太巻き寿司は特別の日に作られますが、「てっぽ巻き」は普段つくられていました。

海に漁に行くときなどの弁当としても持っていきました。私は、おやつに母が作ってくれたのを覚えています。

孫のおうちゃんは「てっぽ巻き」が大好きです。よく食べてくれます。子供には、添加物の少ない安心、安全なものを食べさせてあげるといいですね。ステック野菜と一緒に食べると栄養バランスも良くなります。

作り方は『伝統の祭りずし美味しいヘルシー家庭料理』の101ページにありますので、見てくださいね。

 

コメントは受け付けていません。

関連する人気記事

Copyright(C) 2021 healthy cooking All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE