close >>

乳幼児は「イオン飲料」の飲みすぎに注意しましょう

2017年06月21日

乳幼児のイオン飲料やスポーツ飲料の飲みすぎによる健康状態の悪化が、日本小児科学会などの調査でわかりました。31年間では7か月から2歳11ヶ月の乳幼児で33例あったとのこと。風邪をひいたり、離乳食を食べないなどから、イオン飲料を1日1リットルも飲み続けた結果、ビタミンB1不足になってしまい、脳症や脚気、浮腫などになった例もあるそうです。

乳児用イオン飲料1本(500㏄)には砂糖が約大さじ2杯半(約23g)入っています。砂糖摂り過ぎはビタミンB1を体が多く必要としビタミンB1不足になります。また甘いものが好きになり、糖尿病、肥満などにもなりやすいので、子供の頃から甘い味にならさないよう気をつけましょう!

私も離乳食の指導をしてきましたが、必ずイオン飲料は毎日、飲ませないように話していました。「離乳食を食べてくれない」お母さんは悩み、どうしても子供がも喜ぶものをあげがちですが、あせあらずゆっくりお腹を空かして、体によい食事を食べさせましょう。

rin


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 healthy cooking All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE