close >>

第7期いちはら市民大学で市原学「いちはらの食文化」について講義・食体験を行いました。

2019年10月07日

いちはら市民大学も、今年で7年目になります。1回目から「食文化の講義」と「太巻き祭りずしの実演」をしてきましたが、毎年緊張します。

今年は初めて、北野ひろ子さんが助手に加わって、「文銭「」と「バラの花」を巻いてくれました。7年目になる三島さん、2年目の福嶋さんもだんだん手早くなってきました。

市原市は、昭和30年代始めまで海苔養殖が盛んで、冠婚葬祭の時には、必ず作られていた「房総太巻き祭りずし」です。作った太巻き寿司を1切れずつお持ち帰りいただき喜ばれました。

以前、今井循環器クリニックで栄養指導を受けた方が参加されていて、「あれから気をつけて、糖尿病はすっかり良くなりました」と報告してくれました(^-^)/ 今日の講義の感想を、講義の後にお話くださった方も「これから食生活に気をつけていきます」と言ってくださって、私の思いは伝わったようです(^-^♪

生涯学習センタ―の皆さま、助手の方々のおかげで、無事に講座が終えましたことを心より感謝いたします!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 healthy cooking All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE