close >>

栃木市にある江戸時代から続く老舗旅館『かな半』で「とちぎ江戸料理」をいただきました。

2019年05月06日

日曜コースに参加されている、律子さんのお誘いで連休は栃木に行ってきました。まず、栃木市の中心にある、江戸時代から続く「かな半旅館で「江戸料理」をいただきました。

「江戸料理」は、江戸時代の料理を再現し、地産地消の一環で栃木県が力を入れ、県内の料理店で出されています。「江戸料理」について知りたい方は、こちらをクリック

江戸時代に栃木の街は、江戸に物資を運ぶために巴波川が利用され商業が栄えたそうです。また、朝廷(京都)から、日光東照宮に例幣使を派遣するため、街道が整備され、宿場町として賑わいました。明治前期には県庁も置かれ、蔵(くら)と呼ばれる重厚な建物が建てられました。

『かな半』旅館さんは栃木で一番古くからある旅館だそうです。女将が笑顔でお迎えしてくれました。

ニラや卵の産地であり、「モロ(モウカサメ)のニラ玉あんかけ」  刺身は「煎り酒」でいただきました。  くちなしの実で炊いた染め飯」  ウドとホウレン草の和え物「春の雪」  椎茸だしと鶏ひき肉でコクを出した「鳥の濃醤」  盛り付けの素敵な「生麩の田楽」  手間をかけた美味しい料理をいただきました (^-^)/ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2019 healthy cooking All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE