close >>

獨協大学 外国語学部 交流文化学科教授 北野収(しゅう)先生訳の「シビック・アグリカルチャー」の書籍をいただきました!!

2018年06月25日

日曜コースに参加されている広子さんからお招きを受け、市原市八幡にある北野邸におじゃましました。広子さんは英語が得意で、家で外国の方もおもてなしするそうです。

たくさんのお料理を作って、昼食会を開いてくださいました。野菜たっぷりの栄養バランスも良い料理で、とても美味しくいただきました(^-^)V

ご主人は獨協大学、外国語学部、交流文化学科教授の北野収先生です。北野先生は米国のコーネル大学で学位をとられ、農林水産省を経て獨協大学の教授になられました。

コーネル大学・農学生命化学部教授だったトーマス・ライソン著「シビック・アグリカルチャーを翻訳されました。「食と農を地域にとりもどす」ことの現代的な意義を描いたとても素晴らしい著書です。

地域の伝統郷土料理である「房総太巻き祭りずし」についても関心を持っていただき、大学の講義の中でも紹介してくださっているとの事、広子さんが作った太巻き祭り寿司はゼミの学生さんにも振舞われたそうです(^-^)/

日本では最近は家庭や、地域での手作り料理でのおもてなしが少なくなっていますが、北野ご夫妻のおもてなしは心温まるものでした。お心遣いありがとうございました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 healthy cooking All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE